読み上げブラウザ用メニュー

活動予定・報告

今年度の街頭募金活動募金額
(2017年8月31日 現在)
1,907,957
ありがとうございます。
みなさまの善意に感謝申し上げます。
関西盲導犬協会への
寄付・募金についてはこちらから。

活動報告

2017年07月31日
協会日記366 業務分担29 歩行指導員1(7/31)
歩行指導員は、犬の訓練士でもありながら、目の見えない人と盲導犬候補犬との歩行指導を行ったり、盲導犬ユーザーのフォローアップを行ったり、盲導犬の貸与を申し込んだ希望者の面接や犬での歩行体験をしたりします。訓練士は犬の訓練が中心の業務になりますが、歩行指導員は目の見えない人への対応が中心の業務になるといってもいいかもしれません。 9カ月目の歩行チェックをパスして盲導犬の候補となった訓練犬は、共同訓練に...【続きを見る
2017年07月30日
協会日記365 業務分担28 訓練担当8(7/30)
9カ月目の歩行チェックで大きな問題がなかった訓練犬は、盲導犬の候補犬として、盲導犬を希望して待機している目の見えない方とのマッチングをしていくことになります。そのマッチングには歩行指導員と訓練士が参加しての会議をもちます。盲導犬の候補となった犬と盲導犬を希望する待機者の歩行の相性が良いか、例えばゆっくり歩くことを希望する人なので、候補犬はゆっくり歩く犬なのか、通勤している人なので排泄がスムーズにで...【続きを見る
2017年07月28日
協会日記364 業務分担27 訓練担当7(7/28)
担当している訓練犬の訓練状況を把握するために、訓練士は定期的にアイマスクをつけて歩行チェックをします。そのチェックする時期は、おおよそ3カ月目、6カ月目、9カ月目で、3カ月目は住宅地での歩き、6カ月目は街中での歩き、9カ月目は電車バスなどの公共交通機関の利用を含めた歩きという具合です。アイマスクをつけた訓練士だけで歩くのは危険ですので、もちろん他の訓練士も同行します。 歩行チェックの後に、「歩道段...【続きを見る
2017年07月26日
協会日記363 業務分担26 訓練担当6(7/26)
当協会では、訓練するコースが決まっていて、そこを何回も反復して歩行するという訓練方法ではなく、その日その日によって訓練する場所やコースを訓練士が決めて、歩行状況を毎日変えて歩くという訓練方法をとっています。「今日は天気がよいし、観光客が多い嵐山で人混みを歩く訓練をしよう。」と言った具合です。訓練士1人あたり4-5頭の訓練犬を担当しますので、ワゴン貨物車に担当犬を乗せて、亀岡市内や京都市内に訓練に行...【続きを見る
2017年07月25日
協会日記362 業務分担25 訓練担当5(7/25)
訓練士は、訓練だけを担当しているわけではありません。始業時間の8時に出勤して、まずは木香テラスにいる犬たちの朝一番の排泄と食餌をテラス担当と手分けして行います。また、夕方の食事も同様です。訓練士をはじめ木香テラス担当、パピー担当、繁殖担当はローテ―ションで遅番に入りますが、遅番は13時出勤の22時退勤で、特に17時からは遅番一人でテラスの犬たちの様子を見ながら、犬たちの夜の排泄を一人で行います。 ...【続きを見る
2017年07月24日
協会日記361 業務分担24 訓練担当4(7/24)
訓練士は1人当たり4-5頭の訓練犬を担当します。昔はその犬の担当訓練士が最初から最後まで通して1頭を訓練しましたが、現在では、途中で担当替えをすることが普通となっています。1人の訓練士による訓練ですと、知らず知らずのうちにその訓練士の癖を犬が学習してしまうこともありますし、訓練士が変わることでその犬の訓練的な課題点が見えてきたりと、いろいろとメリットがあるためです。また犬も途中で訓練士が何人も変わ...【続きを見る
2017年07月22日
協会日記360 業務分担23 訓練担当3(7/22)
1頭あたりの訓練のトータル時間は80日という基準があるのですが、では1日何時間の訓練時間が必要かというところまでは決められていません。訓練が始まったばかりの犬と、もうすぐ目の見えない人との歩行指導が始まる犬では、当然、1日に歩く時間は大きく違ってきます。 訓練が始まった犬は、あまり歩きに集中することができないため短時間の訓練となります。そこでダラダラと訓練を続けると犬に悪い学習をさせてしまうため望...【続きを見る
2017年07月21日
協会日記359 業務分担22 訓練担当2(7/21)
盲導犬の訓練は、日本にある11の盲導犬協会が所属する社会福祉法人日本盲人社会福祉施設協議会によって盲導犬の訓練基準というものが決められています。この基準のことは、以前、このブログの歩行指導のテーマの時に触れていますので、お時間がある方は過去のブログを見てください。 この基準では1頭あたりの訓練のトータル時間は80日と決められていますが、これは最短の時間とわれわれは理解しています。つまり毎日訓練すれ...【続きを見る
2017年07月19日
協会日記358 業務分担21 訓練担当1(7/19)
訓練担当、つまり盲導犬の訓練士になります。当協会には訓練士の資格をもった職員は13人います。しかし犬の訓練に関わる職員は7人で、そのうちの2人は木香テラス担当ですから、実際に犬の歩行訓練を行う訓練士としては5人ということになります。 13人も訓練士の資格をもった職員がいるのに、そのうちの5人しか犬の歩行訓練に関わらないのは不思議に思われるかもしれませんが、犬の訓練をしていた経験や資格は当協会のいろ...【続きを見る
2017年07月18日
協会日記357 業務分担20 テラス担当9(7/18)
キャリアチェンジ犬の譲渡を希望しているご家族から候補者を選んで、そのご家族にまずは協会に来ていただきます。そして協会でそのキャリアチェンジ犬に会っていただき、どうして訓練犬からの進路変更をしたのかの理由説明や生活の仕方、さらに実施に協会横の農道を散歩していただき散歩の仕方も説明します。 そのうえで一週間あまりのご家庭に連れて帰っていただいてのお試し期間を設けます。そして、家族の一員として迎え入れて...【続きを見る
メニューを閉じる