読み上げブラウザ用メニュー

季刊誌「ハーネス通信」

ハーネス通信は、関西盲導犬協会と盲導犬ユーザー、そして支援者の皆さんをつなぐ季刊誌です。年4回発行され、点字版、録音デイジー版と紙刷り版があります(文章の内容は同じです)。ここでは、「ハーネス通信」の一部をインターネット版として掲載しています。ご意見、ご感想はこちらまで。

バックナンバー

頭は忘れても 体は忘れない キョウフ(ウ)体験?!市民防災センター(盲導犬ユーザーと京都を歩く第22回)
集中豪雨、竜巻、地震、逆走台風、異常高温、超大型台風・・・。予測できない自然を前に、圧倒され続けた今年の夏。いったいどうすれば?? すがるような思いで「京都市市民防災センター」を訪れました。...【続きを見る
国際盲導犬連盟セミナーに参加して(ハーネス通信2018年秋号)
 国際盲導犬連盟に加盟している盲導犬育成団体が集うセミナーが2年に一度開催されます。今回は、9月13日から16日まで、オーストラリアのシドニーで開催されました。当協会から職員2名が参加し、国際盲導犬連盟のセミナーで初めてプレゼンテーションを行いました。 「犬を管理する犬舎から人と犬がともに過ごせる犬舎へ」というテーマで、2年前に完成した「木香テラス」について発表したのですが、当日は満員御礼となり、...【続きを見る
盲導犬ユーザーと京を歩く第21回 私が好きなお茶、見つけた! 『一保堂』日本茶ミニ講座に行きました
 私たちにとって、身近な日本茶。お茶のペットボトル一本持っていると安心しますよね。でも、茶葉から美味しく淹れることが出来る人は、意外に少ないのかも。 今回訪れたのは、江戸時代の中頃に創業したという日本茶専門店「一保堂茶舗」。歴史を感じる店舗には、ひっきりなしに観光客が訪れています。ここで無料の「日本茶ミニ講座」があると聞き、おじゃましました。...【続きを見る
木香テラスからのご報告「子犬の社会化プログラム開始」
これまで当協会で産まれた子犬たちは、生後約55~60日まで繁殖犬ボランティアさんのお宅で母犬と一緒に過ごしていたのですが、今年度から、生後約40日から約2週間、母犬と一緒に木香テラスで飼育しています。盲導犬として必要な、どっしりしたおおらかな性格の犬に育てるにはどうしたらいいのか? 木香テラスでいろいろな経験をさせ、その過程をしっかりと見ていきたいと思っています。...【続きを見る
盲導犬ユーザーと京を歩く第20回 「祇園で遊ぼ!」 あなたのご希望は?~案内人さんと歩いてみました~
今回は、祇園界隈で「案内人体験」をしてみました。案内人さんに案内してもらう祇園、どんな発見があるのでしょうか。黒い格子の町屋にぶら下がった赤い提灯。まるで合わせたように、黒いウーリーは赤いドレスを着て登場です。森永さんと石畳の街をたっぷり歩きました。...【続きを見る
ちょっと教えて! 犬たちの医療ケアはどうなっているの?
私たちは、協会の犬たちに、健康面でもしっかりケアしていきたいと考えています。では、実際にどんなことをしているのでしょうか? 基本的なところでは、予防接種。これは2カ月齢、3カ月齢、4カ月齢、そして1歳を超えると年に1回行っています。狂犬病ワクチンは年に1回。フィラリア予防薬は、5月から12月までの毎月、のみダニ駆虫薬は年間を通して投与しています。マイクロチップは、今年度から約3カ月齢で全頭挿入登...【続きを見る
リタイア犬との大切な日々~その一コマをご紹介します~
リタイア犬マッサージセミナー開催 2月11日(日)、まだまだ寒さが厳しい中、木香テラスで恒例のマッサージセミナーが行われました。...【続きを見る
盲導犬ユーザーと京を歩く第19回~フルーティーな香りにうっとり 月桂冠大倉記念館~
 まるで時代劇映画のロケ村? 風情のある街並みの中にあるお酒の博物館、月桂冠大倉記念館に行きました。春や秋の観光シーズンには、一日1000人以上が訪れる日もあるという人気のスポットです。ピンクのワンピース姿のウーリーと森永さんを迎えて下さったのは西岡さん。わかりやすくテンポよいご説明を聞きながら、創業380年という酒どころの世界に惹きこまれました。...【続きを見る
国際盲導犬連盟の定期査察がありました
 11月13日から15日まで、国際盲導犬連盟(International Guide Dog Federation)の査察が行われました。当協会は、この国際連盟の会員であり、5年に一度、国際基準に基づいた運営がなされているかどうかのチェックを受ける必要があります。今回は、オーストラリアから2名の査察官が来られ、分厚い国際基準のマニュアルに沿って、ひとつひとつ丁寧に確認をされました。 中でも特に感...【続きを見る
オーストラリアの盲導犬協会に行ってきました!
 10月下旬、職員3名は、オーストラリアの南部の都市アデレードにあるRSB(The Royal Society for the Blind)という盲導犬協会を訪問しました。RSBとは、以前から犬のやりとりでお付き合いがあり、今回はその子たちが現在どのように暮らしているのか、また今後の繁殖における協力、訓練の見学という目的で伺いました。...【続きを見る
メニューを閉じる