読み上げブラウザ用メニュー

センター見学・講演

講演会のお申し込み

関西盲導犬協会では、障がいを持つ人も持たない人も共に生きる社会を築いていくための一助になればと考え、学校での学習や企業での職員研修など、さまざまな場面で、視覚障がいや盲導犬についてより正しく知っていただけるよう、盲導犬訓練実演・講演のご依頼を受け付けております。これらの講演をご希望の場合、以下をよくお読みになったうえでお申し込みください。

講演内容は、(A)(B)のいずれかを選んで頂きます。

(A)当協会職員による訓練実演および講演

盲導犬訓練実演を含めた盲導犬の役割についてのお話や、視覚障がいについて、また視覚障がい者や盲導犬ユーザーへの対応の仕方についてお話しします。

実演場所について

学校であれば校庭などの屋外より体育館などの屋内の方が適しています。スペースとしてはそれほど広いスペースは必要ありません。

実演に必要な物品

その場にあるパイプ椅子や階段を利用して実演をします。特別な物を用意していただく必要はありませんが、職員が話をするときに使うマイク(できればワイヤレスマイク)をご用意ください。会場の広さによっては、必要のない場合もあります。

講演料について

盲導犬育成事業は、多くの方からの寄付・募金によって運営されています。講演料の料金設定はありませんが、盲導犬育成費へのご志納としてご予算の許す範囲でご協力ください。または、講演を申し込まれた団体として当協会法人会員(年会費一口30,000円)の登録、募金箱設置などご検討くださいますようお願い申し上げます。

小・中・高等学校で講演の場合、講演謝金は下記の口座に源泉所得税を控除せず、振り込み名義で学校名が分かるようお振込みください。
また、入金口座の開設者、請求書が必要であればお申しつ付けください。

銀行名:京都銀行常盤支店
口座番号:普通預金 933990
口座名義:公益財団法人関西盲導犬協会

ページの先頭へ戻る

(B)盲導犬ユーザーによる講演 【ご紹介】

実際に盲導犬と生活されている盲導犬ユーザーの方で、講演してくださる方をご紹介いたします。盲導犬との生活の様子や、視覚障がい者として日々工夫されていることなど、お話ししていただけます。

ご依頼の際に留意していただきたいこと

講演に伺う際は、会場から最寄り駅までの送迎・会場内の誘導(手引き)をお願いします。盲導犬ユーザーにとって盲導犬は大切なパートナーです。盲導犬にさわったり、盲導犬とふれあうといったことはご遠慮ください。マナーを守って接してください。

講演料について

盲導犬ユーザーの講演の場合は、往復交通費(実費)と講演料(目安として1コマ 5,000円以上)はご予定ください。

ページの先頭へ戻る

お申し込み方法

  • 1こちらの申込書をプリントアウトし、希望される実施日の3ヶ月前の月の1日以降に、訓練センターにFAXしてください。3ヶ月より前に申し込みをされても、お受けできませんのでご注意ください(1日が土・日曜日の場合は、その月の最初の月曜日)。
  • 2お申し込みいただいてから2週間以内に、お受けできるかどうかお返事を差し上げます。申し込み状況により、日程変更のお願いまたはご依頼をお断りさせていただくことがあります。あしからずご了承ください。

ページの先頭へ戻る

メニューを閉じる