読み上げブラウザ用メニュー

活動予定・報告

今年度の街頭募金活動募金額
(2017年8月31日 現在)
1,907,957
ありがとうございます。
みなさまの善意に感謝申し上げます。
関西盲導犬協会への
寄付・募金についてはこちらから。

活動報告

2017年06月21日
協会日記337 業務分担2(6/21)
盲導犬の仕事というと、どうしても訓練士をイメージされがちですが、訓練士以外にも事務職員や訓練以外のところで犬と関わっている職員など、盲導犬事業にはいろいろな仕事があります。昨日も書きましたが、当協会では20人の職員がそれぞれの担当をもって仕事をしています。その担当者の仕事について、すこしずつアップして行きたいと思います。 事務部門のことを取り上げてもあまり興味がないと思いますので、そこは後回しにし...【続きを見る
2017年06月20日
協会日記336 業務分担(6/20)
当協会では、事務部門と訓練部門の大きく2つの部門に分かれています。事務部門は寄付関係の業務や啓発などをおこなう部門で、訓練部門は犬に関する業務を行う部門です。職員は現在20名で、そのうちの8人が事務部門、12名が訓練部門に所属しています。 事務部門の職員は、啓発担当、渉外担当、経理担当、事務担当という具合に業務分担しています。訓練部門では、木香テラス担当、繁殖犬担当、パピー担当、リタイア犬担当、犬...【続きを見る
2017年06月19日
協会日記335 犬飼川のホタル(6/19)
毎年、6月の第2週目くらいから協会の前を流れる犬飼川ではゲンジボタルが飛び交います。今年は、朝夕の気温が低く、蒸し暑い日があまりないためか、ホタルが例年より少ないかもと見学に来られた方の話です。多い時には、協会の敷地内でも飛んでいますが、やはり今年は敷地内では見かけないとの職員の声です。 犬たちの夜の排泄時間(21時から22時まで)のときに、犬と共に外に出たら、蛍がゆっくりと飛んでいたりすると心が...【続きを見る
2017年06月18日
協会日記334 ゴールデンの寿命(6/18)
今日は、第三日曜日ということで定例の一般見学会でした。見学会では、参加者からのいろいろな質問に対して、パピーボランティア、リタイア犬ボランティア、また訓練士が直接お答えする時間があります。今日は、ゴールデンレトリバーのリタイア犬のボランティアのお手伝いがありました。そのゴールデンはいま15歳ということで、けっこうなおじいちゃんですが、まだまだとても元気です。 以前、各盲導犬協会が所属する全国盲導犬...【続きを見る
2017年06月17日
協会日記333 スーパー猛暑(6/17)
梅雨に入ったのにほとんど雨が降りません。そのため、3日に1回は芝に水やりです。今年は気温が37度を超えるスーパー猛暑ということがすでに言われています。犬の訓練のことを考えて毎年7月から訓練士は夏シフトで6時から15時までの勤務時間にしていますが、今年はすでにこの夏シフトを開始しています。予想に反して涼しい夏になってほしいと願うばかりです。 写真は、夕方の涼しい時間に犬の訓練をしている様子です。芝に...【続きを見る
2017年06月14日
協会日記332 ちゃぶ台会議(6/14)
木香テラスのちゃぶ台では、3人ぐらいでよく小会議をします。畳のうえで足を投げ出して話し合うといつもと違う意見がでたり、気持ちが落ち着いてゆったりと話すことができたりと、ちゃぶ台効果があります。 昨年の木香テラス竣工にあたって、その運用方法など職員でいろいろと話し合う機会が多くなり、それが良い習慣となって今日まで続いていると思います。また、それはテラスという建物自体が話し合う雰囲気を自然に作り出して...【続きを見る
2017年06月13日
協会日記331 引退犬Vちゃん報告10(6/13)
4月以来の引退犬Vちゃん報告です。Vちゃんのボランティアさんから以下のメールと写真をいただきました。 「Vちゃんは元気に、まいにち相変わらずのんびりと過ごしています。海に連れて行きました。泳げるかなあ、喜んでくれるかなあ、と楽しみにしていましたが、少し海に入るのが怖かったのかな。主人が促して写真のとおりです。海や川へ行ったことがなかったのかな。今回は経験として、次回はもっと楽しんでくれたらと思いま...【続きを見る
2017年06月12日
協会日記330 テラスの模様替え(6/12)
5月末にテラスの模様替えをしました。見学者から犬たちが良く見えるようにと、見学者カウンター側と薪ストーブ前に犬たちのサークルを移動しました。それとともに敷いてある材木も敷き方を変えてみました。昨年4月に竣工してから一年を迎え、木香テラスの作業も落ち着いてきましたので、模様替えを試したところです。テラスは、床に固定された柵がない造りなので、これからもいろいろと模様替えをして、犬たち、職員、ボランティ...【続きを見る
2017年06月11日
協会日記329 盲導犬の性格16(6/10)
ラブラドールとゴールデンが盲導犬として改良されてきたのは、やはり愛想がよくて、人が大好きで、人と一緒に何か作業をすることを喜びとする性格だからだと思います。仕事している盲導犬を見て「かわいそう」とか「苦労するね」とか、周囲の人からそんな声をかけられることがありますが、そんなときは「いえいえ、そうではないですよ。」とお答えします。盲導犬の血統をもち、その役目をもって生まれてきた犬たちですし、なにより...【続きを見る
2017年06月09日
協会日記328 盲導犬の性格15(6/9)
無駄に吠えない、何もしていないときには寝てしまう、興奮することなく落ち着いているなど、盲導犬になる犬たちは、長い年月をかけて改良されたきた性格によるところです。しかし、成長過程での学習や教育によって、その性格の良い面がさらに伸ばせることも、はたまた悪い方に行ってしまうこともあります。協会での生活や盲導犬となった後のユーザーとの関わりのなかでも、良いことも悪いことも学習しますし、環境に合わないといっ...【続きを見る
メニューを閉じる