1. ホーム
  2. 視覚障がいとは

視覚障害とは

視覚障害の定義と種類

人間の感覚には味覚、嗅覚、触覚、聴覚、視覚、平衡感覚などがあると言われていますが、このうち「視覚」に障害がある場合を視覚障害と呼びます。実際には「視覚」のみに障害のある方(単一障害)だけではなく、視覚と聴覚、視覚と触覚など、複数の障害を併せ持った方(重複障害)も大勢おられます。厚生労働省によれば、視覚障害と他の障害を併せ持つ方は6万9千人以上おられます(表1)。

なお、昨今の常用漢字見直しの流れに沿って、障害(Disability)を指す場合は旧来の文字使いのまま、障害者(Person with Disability)を指す場合は「障がい者」と表記させて頂きます。

平成18年の厚生労働省の調べによりますと、日本の視覚障がい者数は約32万人です。これは、「身体障害者手帳(視覚障害)」を交付された人が32万人という意味です。身体障害者手帳は障害者年金や電車・バス等の割引運賃をなどを受けるために必要なものですが、実際には手帳の存在すら知らない視覚障がい者が多くいると推定されています。
これから、視覚障害の種類について見てゆきたいのですが、その前に、視覚障害を理解するうえで重要なポイントを2つご紹介します。

  1. 全盲(全く見えない方)は視覚障がい者全体の1割弱で、他の9割の人は視機能が多少残っている。これは意外かもしれません。視覚障がい者の多くは、目が不自由だけれども少しは見ることのできる「弱視(ロービジョン)」です。WHOのロービジョンの定義は、「両眼に眼鏡をかけた矯正視力が0.05以上0.3未満」となっています。後述しますが、その見え方は千差万別です。これが、多くの誤解を生む原因ともなっています。
  2. 視覚障害はひとりひとり違う:見え方がそれぞれ違うということは、困っていること(ニーズ)がそれぞれ違うということです。視覚障がい者障害をサポートする場合、あるいは誰もが住みやすい社会を考える場合、必要な視点は1つではない、と知る事が大切です。

それでは、視覚障害の種類・分類を見てみましょう。

視覚障害の程度による区分:

身体障害者手帳(視覚障害)には1級から6級までの等級があり、1級が最も重度の視覚障害です。例えば1級は「両眼の視力の和が0.01以下のもの」、6級は「一眼の視力が0.02以下、他眼の視力が0.6以下のもので、両眼の視力の和が0.2を超えるもの」となっています。等級によって受けられる福祉サービスが異なります。気をつけたいのは、等級の区分はあくまで数字上のもので、視覚障がい者のニーズや「困り具合」は等級に関係なく、人それぞれであるということです。

また、全国に100万人以上と言われるロービジョン人口のほとんどは、身体障害者手帳がもらえないか、手帳の存在をそもそも知らないか、または申し込み方法を知らないか、のいずれかと思われます。「人ごと」と思われるかも知れませんが、このページを読んでいる皆さんの誰もが、加齢によってロービジョンに近づき、工夫をしなければ文字が読めなくなるのです。皆さんが視覚障がい者の福祉を考える事は、将来の自分を考える事でもあります。ぜひ末尾の「あなたにできること」をご覧下さい。

先天性と後天性:

先天性とは、生まれつき視覚に障害があること。後天性とは、人生の半ばで視覚障害を得ることです。前者の代表的な視覚障害に未熟児網膜症、後者に糖尿病性網膜症などがあります。

先天性の場合、幼少のころから盲学校に通って点字や音声パソコンを学ぶなど、社会に適応するための訓練を早くから受ける事ができます。その反面、盲学校(特別支援学校)という非常に限定された環境の中で義務教育期(あるいは高校まで)を送る、という難しさもあります。入学生が少なく、同級生がいない盲学校も珍しくないのが現状です。多くの都道府県で、それぞれ1校しか盲学校がないため、親は引越しするか、毎日送り迎えするか、それとも子供を盲学校の寮に入れるか、いずれかを選ぶ必要性に迫られる事が多いのです(普通学校への入学の可能性もありますが、本人が大きなストレスを感じることもあります)。

一方、後天性の眼疾患の場合、発症の時期にもよりますが、現在の仕事を継続できるかどうか、それが無理とすれば配置換え、再就職は可能か、が最大の焦点となるでしょう。特に、働き盛りの一家の大黒柱が失明した場合は切実です。ご本人にしてみれば、不安や焦りと戦いながら、単独歩行やパソコン訓練などの社会適応訓練を受けなければならないのですから、その苦労は想像に余りあります。

見え方(範囲によるもの):

疾患によって見える範囲(視野)が制限される現象を、視野障害と言います。視力の良い悪いは、眼鏡やコンタクトレンズを使用している人であれば容易にイメージできると思いますが、視野が制限される、というのは分かりにくいのではないでしょうか。例えば、求心性視野狭窄(きゅうしんせいしやきょうさく)という疾患があります。これは、細い筒を覗いたような見え方で、つまり中心部分しか見えない、というものです。この場合、中心部分はクリアに見える事が多く、その場合新聞を読む事も可能ですが、足もとが見えないために段差で簡単に転んだりします。逆に、中心部分だけ見えない疾患もあります。この場合、足もとは見えるために段差で転ぶ事は少ないのですが、安心して歩いていると目の前の看板に激突したりします。

気をつけたいのは、実際の視野障害は見えない部分が「まだら状」に分布している事が多いことです。しかも、見えない部分(暗点)は自分では分からない事が多く、なぜ段差で転ぶのか不思議に思いつつ生活している人も少なくありません。これは、目の見える人が、自分の視野の端を意識していないのと同じで、自覚するのがたいへん難しいのです。

時間帯や光の加減によるもの:

視覚障害によっては、まぶしさを非常に強く感じたり、光の加減によって見え方がまったく違ったりすることがあります。視覚障がい者が、日中帽子を深くかぶったり、色付きのサングラスをかけたりしているのは、まぶしさを防ぐ意味もあります(目や顔を保護する目的もあります)。また、網膜色素変性症という疾患の場合、明るい場所では比較的よく見えるのに、暗がりではほとんど何も見えない、というケースが多く報告されます。これは、微量の光をキャッチする事のできる杆体(かんたい)細胞が侵される事が多いからです。昔は「とりめ」「夜盲」などと呼ぶこともありました。ただし、暗ければ必ずしも不都合という事でもなく、例えば信号機を見つけたり見分けたりするには、夜のほうが好都合、ということもあるのです。同じ病名でも、症状は人によってさまざまであるということを、ぜひ知っていただければと思います。

盲学校というところ

拡大教科書(小4算数)左が17ポイント、右が29ポイントの文字 啓林館 わくわく算数 小4上(同社ホームページより)

都道府県には、必ず1つ以上の盲学校(特別支援学校)がありますが、皆さんの地域には、どこに盲学校があるかご存知ですか?多くは町外れの、アクセスの悪い場所に立っています。皆さんのお子さんや孫、友達が盲学校に通うとなった場合、1人で通う事ができるかどうか(1人で通わせようと思うかどうか)、一度考えていただければと思います。このような理由で(上にも書きましたように)視覚障がい児の親は、非常に難しい判断をしなければならない事もあるのです。

さて、盲学校とは何を勉強するところでしょうか?視覚障がい児のために、特別な授業をしていると考える方も多いのではないでしょうか。実際は、盲学校のカリキュラムは普通学校と基本的に同じで、使っている教科書も内容も変わりありません(高校には鍼灸などを教える専攻科があります)。もちろん、教科書は拡大教科書(下写真)や点字教科書などを利用します。生徒はロービジョンから全盲まで幅広く、また視覚以外にも障害を抱えている場合もあります。拡大教科書ひとつをとっても、生徒の見え方によって文字の大きさを吟味し、視覚に頼らなくても理解できるように授業は工夫を凝らさなければいけません。そのため、授業はオーダーメード、マンツーマンの場合もあります。

それだけではなく、教室の移動や体操服への着替えなどを教える必要もありますが、先生が何から何まで教えられるわけではありません。特に、歩行技術を教える専門技術(白杖歩行訓練士)の資格を持っている先生は極端に少なく、安全に歩行するための基礎を学ぶ機会を持つ事が難しいのが現状です。また、せっかく先生が視覚障がい児に対する指導技術を身につけても、数年に一度の配置換えで普通校に転任してしまう、というケースも珍しくありません。代わりに来た新任の先生は、視覚障害に関して全くの素人、という事もあるのです。とはいえ、盲学校の教員は体力的にも精神的にも大変な仕事であり、先生方は一生懸命です。障がい児の教育のあるべき姿を考える、という大きなテーマを、一人一人が直視しなければなりません。

視覚障がい者の職業

代表的なものは「あんま、鍼(はり)、灸(きゅう)」のいわゆる「あはき」で、三療とも呼ばれます。視覚障がい者は手先の感覚が鋭敏と言われ、ツボを探したりするのに有利とされています。盲学校高等部の理療科を卒業すると、国家資格の受験資格が得られます。資格所得後、研修を経て自分の治療院を開業するケースが多かったのですが、最近ではあんま、鍼の専門学校や気軽に立ち寄れるマッサージ専門店などが次々とオープンし、視覚障がい者の個人経営は簡単ではありません。

視覚障がい者特有の職業としては、大企業や大病院での電話交換手、音楽家などがあります。ピアニストの辻井伸之さんの成功例は記憶に新しいと思いますし、海外ではスティービー・ワンダーなどのミュージシャンも著名です。ですが、辻井さんのように音楽一本で食べて行けるのはほんの一握りで、ほとんどの方は兼業、もしくは趣味の延長のような形で音楽活動を行なっています。

一般の職業としては、一般企業や役所での勤務も見受けられます。パソコンの画面の文字をそのまま読み上げてくれる「音声読み上げソフト」を利用すれば、ほとんどの事務作業が可能です。しかし、受け入れ側の理解を求めるのが難しい場合もあり、一般企業での視覚障がい者の雇用はなかなか進みません。企業にしてみれば、視覚障がい者にどう接したら良いのか分からない、怪我をされたら困る、というのが本音でしょう。どう接したら良いのかは本人と少し話せば分かる事ですし、周りの人間が簡単なルールを守れば怪我をすることはありません。時間がかかっても、正しい理解を広めてゆく必要があります。

今後の課題

日本は世界一の長寿国であり、指折りの豊かなであるが故に、医療問題は深刻です。近年、糖尿病網膜症、緑内障、加齢黄斑変性症などで視覚障害をこうむる人の数が増えてきました。中でも、糖尿病患者の増加はすさまじく、厚労省の2007年の発表では、成人の約20%が糖尿病の予備軍と言われています。今後は、人生の半ばを過ぎてから視覚障害を得る人の数がますます増える事が予想されますから、視覚障がい者に対する理解を更に高める事が急務だと言えるでしょう。

また、日本人の高齢化にともなう視覚障がい者人口の高齢化(あたりまえですが)、重複障害を持つ視覚障がい者の増加など、障害の多様化が進んでいると見て良いでしょう。これはニーズが多様化しているということであり、紋切り型の対応ではなく、柔軟なコミュニケーションが求められます。

最後に、最近よく見かける「触地図」についてひと言。触地図とは、視覚障がい者がさわって理解する事のできる地図のことで、駅の切符売り場近くなどによく設置されています(写真右上)。一見、視覚障がい者への配慮が行き届いているように思えます。しかし、写真(右下)でも分かるように、この地図の存在や場所を、視覚障がい者はどうやって知るのでしょうか?例えばトイレに行きたいとします。この触地図の場所を人に聞いてたどり着き、地図を頼りにトイレを探すよりは、直接トイレに手引きで連れて行ってもらったほうがよっぽど早そうです。

しかもこの地図、見た目にも非常に分かりづらいです。こんな中途半端な事をするなら、駅員のいる案内所に音声誘導装置(ピンポーンと音の出る装置)をつけ、そこに触地図を常備するほうが効率的です。このように、視覚障がい者が使いやすそうで、実は何の役にも立っていないものが結構あります。あたりまえの話ですが、ソフト(コミュニケーション、ふれ合い)があってこそ、ハード(装置)は生きてきます。何よりも怖いのは、ハードがあるからと言って、我々自身が安心してしまうことではないでしょうか。ソフト不在の福祉こそ、今後の最大の課題、と言えるかもしれません。

あなたに出来ること

ロービジョン人口は100万人以上と書きましたように、視覚障害は非常に身近で、特別なものではありません。そして、視覚障がい者には、特別な配慮が必要なわけではありません。素朴な疑問を持ち、目の不自由な人の立場に立って考えることが何よりも大切です。ここでは、それを考えるきっかけにして頂くため、何点かポイントを書きたいと思います。

  1. 手引き方法を勉強する:手引きとは、視覚障がい者が目の見える人の肘を持ち、安全に誘導してもらう方法です。とてもシンプルな方法ですが、白杖や盲導犬より安全です(もちろんやり方にもよります)。実際に手引きを勉強したい方は、関西盲導犬協会が毎月行なっている一般見学会にご参加下さい(詳しくはこちら)。
  2. 白杖を持っている方や盲導犬を連れている人が困っているように見えたら、「何かお手伝いしましょうか?」声をかける:白杖(白い杖)は、持っている人が視覚障がい者と分かるように国際的に色が白(まれに黄色)と決められています。横断歩道で渡るタイミングは非常に取りづらいものですから、特に手助けが必要な場合があります。
  3. 駅前の放置自転車や違法駐車を見た時に、視覚障がい者はここをどうやって歩くのだろう?と疑問に思ってみる:健常者が歩きにくい道は、視覚障がい者にとっては非常に歩きにくい場所です。これは車椅子の使用されている方も同じでしょう。
  4. 自分や家族が視覚障害を持った時、仕事や学校はどうするのか、どこに相談して、どのような手続きをとれば良いのか、調べてみる:情報の少なさにきっと驚かれると思います。幸い、多くの地域に、視覚障がい者の団体やサポート団体があります。詳しくは、地域の社会福祉協議会などに問い合わせるのが良いでしょう。

以上で「視覚障害とは」のページを終わります。最後までご覧頂きありがとうございました!

公益財団法人 関西盲導犬協会


トップへ戻る