公式ブログ [ 2010年7月 バックナンバー ]

学校の先生に向けた研修会のご案内

秋から冬にかけて、多くの学校から、盲導犬についての講演依頼があります。
どの学校にも行ってお話をさせていただきたいとは思うのですが、スタッフの人数にも限りがあり、残念ながらお断りすることも少なからずあります。
そこで、訓練センターで先生方に向けた研修会を開き、学校の授業に役立てていただこうと企画しました。
学校で盲導犬をテーマにした学習をお考えの先生方、ぜひご参加ください。
 
☆日時:8月6日(金)
 午前の部 10:00~12:00
 午後の部 13:30~15:30
 *どちらかご都合の良い方をお選びください。
☆場所:(財)関西盲導犬協会
 〒621-0027 京都府亀岡市曽我部町犬飼未ヶ谷18-2
☆会場までのアクセス
 公共交通機関をご利用の場合:JR嵯峨野線亀岡駅下車、タクシーで約10分
 自家用車をご利用の場合:
  京都市内方面から・・・京都縦貫自動車道亀岡インターを下りてすぐ左折、国道423号線を池田方面に進み、  5つ目の信号機のある交差点を右折し約1.2㎞
  池田方面から・・・国道423号線を通り法貴峠を越してから2つめの信号機のある交差点を左折し約1.2㎞
☆内容
 ①盲導犬の訓練について(実演を含む)
 ②視覚障がい理解について
 ③私たちにできることを考える
☆後援
 京都府、大阪府、京都市、京都府教育委員会、大阪府教育委員会、京都市教育委員会、京都私立小学校連合会
☆参加費:無料
☆申し込み方法
 ①参加される先生のお名前
 ②学校名
 ③午前の部、午後の部のどちらに参加されるか
 ④連絡先の電話番号、メールアドレス
を明記の上、FAXまたは電子メールでお申し込みください。
 FAX番号 0771-25-1054
 電子メール info@kansai-guidedog.jp
☆申し込み締切:8月4日(水) 17:00までにお申し込みください。
 
 

定額給付金をいただいて・・・

昨年、定額給付金を盲導犬のためにと寄付していただき、おかげさまで訓練犬・リタイア犬たちのための物品を購入いたしました。大変遅くなりましたが、この場をお借りしまして御礼申しあげますとともにご報告いたします。

これは、リタイア犬たちのためのおむつやシーツ。体圧分散高機能マットも購入しました!

DSCF7698.jpgのサムネール画像DSCF7540.jpgのサムネール画像訓練に関する物品は、盲導犬にはなくてはならない「ハーネス」、それから、障害物回避に使うコーンやポールを購入しました!

ハーネス.jpgコーン.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

ハーネスドリーム2「ハーネスを付けて寝る練習」

先日、事務所で寝る訓練犬たちの写真をお見せしましたが、今回はハーネスをつけたまま寝る犬の写真です。
盲導犬は、バスや電車での移動中は、よほどの長時間の場合は別として、ハーネスをつけたまま寝そべっています。
その状況に慣らせる必要もあるんですね〜

写真の犬は、少しのあいだ目を開けていましたが、すぐに寝入ってしまいました・・
練習、必要なかったかもしれませんね。
このように、どこでも寝られるのび太的な才能が、盲導犬には求められます。
そう、出来杉くんでもしずかちゃんでもなく、盲導犬にはのび太が向いているのです!
ハーネスを付けて・・.jpg
ハーネスドリーム2の2.jpg











月々500円のご寄付が盲導犬を支える「会員制度」

世界第2位の規模!サンフランシスコの盲導犬協会

昨日はカナダでしたが、今日はアメリカはサンフランシスコの話題です。
カナダに行く前に、サンフランシスコにあるアメリカ最大の盲導犬協会を見学してきました。

ここでは、年間約330頭の盲導犬を育てています。
日本の10協会が年間に育てる盲導犬の数が160頭ほどですから、どれだけ規模が大きいか分かりますね!
ちなみに、世界1大きな盲導犬育成団体は、イギリスの盲導犬協会です。
年間800頭近くを育成するといいますから、ケタはずれです・・・
世界の盲導犬事情について詳しく知りたい方はこちら。

下の写真は、繁殖犬の候補犬を評価した時の写真です。
「パピーコート」というベストをつけると、右の写真のように、喫茶店にも入れるのです。
盲導犬はもちろん、仔犬にもこういった措置があるから、盲導犬の普及も進むのでしょうね〜

パピーコート.jpg
スタバ.jpg

















下は、海洋ほ乳類保護センターで、ゾウアザラシの実物大人形に抱きつく筆者。
完全に番外編ですいません・・ それにしてもデカかった。。
ゾウアザラシ.jpg

盲導犬の国際会議

みなさんこんにちは。

先月、2年に一度の国際盲導犬連盟(IGDF)の会議(セミナーと言います)がカナダのオタワでおこなわれました。
今回は世界各国の50を越える盲導犬育成団体から、200名以上の参加者がありました。
そして、次回は日本での開催ということもあり、これまでにないほど日本からの参加者が多かったのも特徴です。

セミナーのようす.jpg
カナダ盲導犬協会.jpg

















左はセミナーのようす、右はカナダ盲導犬協会の訓練コースの写真です。
敷地が広くて、芝生が美しい〜。建物が普通の一軒家に似たつくりで、アットホームなのが印象的でした。
セミナーでは、世界で最も盲導犬育成が進んでいるイギリスや、その次に進んでいるアメリカの育成団体から、
積極的に発表がありました。世界の盲導犬の歴史も見て下さいね。
内容は、繁殖管理に使うデータベースから、パピーウォーキングシステム、訓練方法まで、さまざまです。
やっぱり世界は進んでいるなーと実感しました。日本は、部門によりますすが、5年から10年遅れています。
頑張らなければ!

最後に、カナダ議会と最高裁判所の写真です。オタワがカナダの首都だって知ってました?!
オタワ国会議事堂.jpg

セサミストリートのエルモが!?

先日、パピーウォーカーさんからこんな写真を頂きました。
あう!.JPG




















エルモって確か、男でしたよね・・・

盲導犬とパピーウォーカーについて詳しく知る!

犬の整列!

犬の整列と言っても、募金箱の上に座っている犬たちの整列です・・
箱が壊れたなどの理由で、訓練センターの棚の上にみんなで座っています。

関西盲導犬協会では、募金箱を設置して下さる店舗や事業所を募集しています。
継続的に支援して頂ける募金箱は、盲導犬の育成に欠かせないものです。
募金箱の設置に、どうぞご協力下さい!

募金箱犬整列!.jpg

問題のこたえ・・

足のあいだからカメラ目線をする犬、でした!
パピースクールでの一コマです。

パピーウォーカーについて詳しく知りたい方はこちら!

ひょっこり・・.jpg

問題:この犬は何をしているのでしょうか?

またまた問題です。
この犬は何をしているのだと思いますか?
ちなみに、3ヶ月くらいの仔犬です・・・
IMGP3216.JPG














飼育ボランティアブログもチェック→

盲導犬を応援する方法は、いろいろ!

ラブラドールとゴールデンのF1(交雑種)

みなさんこんにちは。

パピーの訪問に行ってきましたので、撮ったばかりの写真をお見せします。

左は、ラブラドールとゴールデン(レトリーバー)の交雑種です。
顔つきや毛の長さが、ゴールデンっぽいのがお分かりでしょうか?
右の、ラブラドールの仔犬と比べれば一目瞭然ですね!

どちらの犬も、散歩直後の暑さをやわらげるために、床に「ペタッ」と寝ています。
おなかまわりは毛が少ないですから、熱が逃げて気持ちが良いんですね〜

この仔たちは生後3ヶ月なのですが、この頃から、訓練センターでの「パピースクール」に参加します。
パピースクールとは、仔犬の社会化や、簡単なしつけレクチャーをおこなうグループワークです。
パピーウォーカーや繁殖犬ボランティアに興味のある方は、パピースクールを見学できますので、
お問い合わせフォームからお申し込み下さい。
※お問い合わせフォームの「C」をチェックのうえ、コメント欄に「パピースクール見学希望」とお書き下さい。

パピーウォーカーについて詳しく見る
※滋賀県の委託地域を拡大しました・・が、まだ修正していません・・
  新たに、草津市、栗東市、守山市、野洲市、湖南市が委託地域となりました!


ラブとゴールデンのあいの仔.jpg
ラブの仔.jpg

公益財団法人 関西盲導犬協会


トップへ戻る